会社概要

ABOUT

スマイルワンを通じて笑顔になってもらいたい
メガネ、コンタクトレンズ、補聴器で感動を届けたい

心からそう願いみんなが行動し、実践し続けるために付けた店名です。
突き抜けた特別感はないかもしれません、ただ商品やサービスにはこだわりと誇りを持ち、普通では終わらない心に残るような地域のお店に育てていきたいと思っています。
ファッションとしてのメガネも必要でしょう。
格安で作れるメガネもまったく否定しません。
身体の一部として、日々を彩るアイテムとして、使い方は人それぞれ。
生活を豊かにし笑顔につながるならば、私たちが全力でサポートします。
ただ私たちは「眼鏡は医療器具」という原点をこれからも持ち続けます。
「眼の病気を治すのは医師であり、視力矯正用メガネを作るのが眼鏡店の本分」
この創業以来の信念があり、眼科医院の指定店として責任ある仕事を続けることができるのだと私たちが感じているからです。
今後も変わらず、本物の眼鏡店であり続けるために自己研鑽を怠ることなく、地域の皆さまにいつまでも笑顔をお届けできるお店になって参ります。
代表取締役社長 小林知彦

沿革

HISTORY

昭和6年 日田村出身の初代小林清三郎が現在の山形県寒河江市に眼鏡と雑貨販売の「小林商店」を創業
昭和30年 2代目小林清吉が継承し「小林時計眼鏡店」と店名を変更し、眼鏡事業を拡大
昭和60年 3代目小林誠(現会長)が店名を「めがねのコバヤシ」に変更し、眼鏡専門店として多店化
平成29年 4代目小林知彦 (現社長)が継承し、87年にわたる伝統ある暖簾を現在も守り続けている
創業の地である山形を中心に全国28店舗を展開中

copyright (c) smileone all rights reserved.